だめサラリーマンの生きる道、最後に笑うぜ? » アーカイブ

借金だらけの母親


私は現在34歳で介護福祉士をしており、

一人暮らしをしています。

 

 

安月給で一人暮らしをするのは大変なので、

周りからは実家に帰った方が楽なのにと言われていますが、

私には絶対に帰ることが出来ない理由があります。

ミュゼの予約 沖縄でしたい人はこちら!

 

それは、母のことです。

 

 

私は三人姉妹の次女として生まれたのですが、

幼い頃に両親は離婚をしており、母親が一人で育てていました。

 

 

シングルマザーというだけで周りから頑張っていると思われているのですが、

実態はボロボロで幼い頃から電気やガスはしょっちゅう使えなくなり、

その状況のなかでも母親は仕事をしようとはしなかったため、

私たち姉妹は友だちの家でご飯をご馳走になったり、

雑草を食べることもありました。

 

その状態で成長をしていくなかで、

母はとうとう借金を作ってしまったのです。

 

 

当時私は小学生だったのですが、

母が作った借金はいわゆるヤミ金だったらしく、

連日借金の取り立てが電話や自宅にも来ており、

私も何度か脅された経験があります。

 

 

ようやくその頃母親が仕事を始め、

どうにか借金地獄から抜け出して貧乏ながら普通の生活を送り、

姉も結婚して家を出て、

私も妹も仕事を始めて家にお金を入れるようになった頃、

母親がまたしても仕事をやめてしまい、

しばらくするとお金を貸してと集ってくるようになったのです。

 

更に、裁判所からの手紙も届くようになり、

中身をこっそりみるとそこには百万円以上の借金の支払いが

未納であることが記されていたのです。

 

 

最近では激しい取り立てはないものの、

この未納額があるにも関わらず仕事を辞めたということは、

私たちに借金を支払わせるつもりなのだと分かりました。

 

 

しかし、話し合いの末私たちは一円も支払わないと告げ、

母親も納得したはずなのですが、

それからというもの私と妹の持ち物がだんだん少なくなり、

おかしいなと思っているところに、

立て続けにお財布の中身がなくなっていたのです。

 

 

私と妹はすぐに母親の仕業だと気がつきましたが、

母親は自分も盗まれたとしらをきる始末で、

それからも私たちのものがなくなり、

もしかしたら売られているのではということになりました。

 

 

そんなとき、通販で購入したものが届くため、

支払いのために下ろしていたお金がなくなっており、

母親に問いただしてもまたしても私も盗られたと主張し、

警察を呼ぶといっても怯まずに警察に盗難の被害を出すことにしたのです。

 

警察が指紋などを調べた結果、

外部からの侵入は考えられない、

もしかすると内部の人かも知れないと言われたのです。

 

 

それでも母親はしらを切通で、

私も妹もここにいたらお互い破滅すると思い、

すぐに二人で家を出ることにしました。

 

 

その後も何度か母親から電話がかかってくるので、

私は番号も変えて居場所が分からないように今は身を隠しています。

最近の記事
記事のカテゴリー