だめサラリーマンの生きる道、最後に笑うぜ? » 日記 » 恐ろしい私の悩み、双極性障害2型

恐ろしい私の悩み、双極性障害2型


42歳、男性、会社員、既婚、子供3人、神奈川県在住です。

 

仕事は、重度の障害者への居宅介護のヘルパーをしています。

 

 

恐ろしい私の悩み。

 

 

私は3年前、当時務めていた食品商社での過労と、

治安の悪い後進国での過酷な海外出張が原因で、

うつ病を患い、その後、双極性障害2型に罹患した。

 

 

また統合失調症も併発して2度の長期入院の後に当時の会社から解雇通告を受け、

散々な状態で会社を辞め治療に専念した。

せがしぃ購入品はこちらからチェック!

 

服薬するクスリは、精神安定剤、抗うつ薬、気分安定剤、

睡眠導入剤、と、常時7?8種類のクスリを合計20錠ほど飲む生活が始まった。

 

入院中の恐ろしかった悩み

 

それは統合失調症の症状のうちに入るのだが、

病院のベッドで眠っている(( _ _ ))..zzzZZ

 

突然、パッーン!!と音が鳴る。

銃声のような?爆発音のような大きな音だ。

 

びっくりして心臓ドキドキ、目を覚ます、

どこで鳴ったのか?何の音なのか?訳がわからない (・・?)。。。

 

だってここは病院だぞ。

 

これが不意に不定期に鳴る。決まって寝ている時にだ。

 

そのうちまたパッーン!と爆発音が鳴るのじゃないかと恐ろしくなり、

睡眠導入剤を飲んでいるのになかなか眠れなくなった。

 

 

後日、医師に相談して分かったのだが、
これは、脳内爆発音症候群 という一種の幻聴で、

実際に音が鳴っている訳ではなく、自分の頭の中で鳴っているものだった。

 

もっと早く医師に相談すればよかった。

 

しかし、分かったところで特効薬もなく、

とにかく自律神経を整えることに専念し、

いつの間にかこの恐ろしい爆発音は、ほとんど鳴らなくなった。

 

だがどうも、

今でも極端に疲れていたりすると、パッーン! と鳴る。

恐ろしい。

 

二つ目の恐ろしい悩み

 

これも病気の症状の一種になるのだが...

 

眠りかけている時に、

体中が強い違和感に襲われて、

いてもたっても立っても座っても寝てもいられない、

床を転げまわる、という症状がある。

 

これも極端に疲れている時や

極端にストレスがある時に多く出る症状なのだが、
とにかく、とにかくツライ。

 

この症状が出たら最後、

呻き声を上げながら転げまわり、

妻や子どもたちに体中をさすってもらいながら、

最終的には大便をし同時に吐く、そして大概が気を失う。

 

 

気がつくと廊下やトイレから

体がはみ出てなど、あり得ない場所で横たわっている。

 

想像してみてください、

恐ろしい。いつ来るのか分からない、恐ろしすぎる。

 

 

これは、ムズムズ足症候群 という症状で、

私の場合は足だけでなく全身にこれが出る。

 

抗うつ薬などのクスリの副作用と、

疲れストレス、または鉄分不足などでも誘発するらしい。

 

今は、ムズムズ止めのクスリを毎日飲んでいるが、

それでも不意にやってくる。

 

人によってはこの症状に耐えきれず、

救急車を呼んでしまう人もいるという。

 

私の恐ろしい悩みはこの様に、

脳内爆発音症候群、ムズムズ足症候群、

と名前はなんだか可愛いく笑える症候群なのだが、

当人にとってはとても笑えない

恐ろしい病気による症状なのである。

 

こわい こわい( T_T) 恐いです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の記事
記事のカテゴリー