だめサラリーマンの生きる道、最後に笑うぜ? » 日記 » 実家が汚い!里帰りのたびに憂鬱になる汚実家!

実家が汚い!里帰りのたびに憂鬱になる汚実家!


私は現在専業主婦で海外で子育てをしているのですが、

日本の実家には年に一度か二度一時帰国をして一カ月ほど滞在しています。

 

泊めてもらって文句を言うのは両親には本当に申し訳ないのですが、

実家が本当に汚いというか物で埋め尽くされていることが

深刻な悩みで一時帰国のたびに憂鬱になってしまいます。

 

60代の両親は現在も仕事をしているため、

忙しくて掃除をあまりする時間がないことも理解できるのですが

テレビでゴミ屋敷の特集などを見るたびに

明日は我が身といった気持ちで憂鬱になってしまいます。

 

私が子供のころから両親はあまり片付けが得意とは言えないタイプで、

家の中が常に物であふれている状態で育ちました。

 

 

子供のころは特に気にしていなかったのですが、

中学や高校に入って友達の家に行くたびに、

比較して普通じゃないんだということに気づき始めました。

 

せめて自分の部屋だけでもきれいにしようと心がけていましたが、

小さいころから片付ける習慣がなかったため片付け方がわからず苦戦しました。

 

結婚して実家を出てから6年になり、

自分の家はなるべく物を増やさないで生活しようと決心して

なるべくきれいな状態を保っています。

 

 

最近では整理収納アドバイザーの資格も始めて、

本を見ながら研究しています。

 

そしてその知識を実家の片付けに生かしたいと思って、

一時帰国するたびにまず掃除や整理収納から始めるのですが

結局しばらくしてまた帰国すると

元通りもしくはさらに悪化していて

本当にがっかりすることが多いのです。

 

両親には一度説得しようと話をしてみました。

 

 

亡くなったときのことを話すのは申し訳ないと思ったのですが、

年齢的にもそろそろ終活の一つとして捨てられるものや

誰かにあげたりできるものは処分を検討してほしいとお願いしました。

 

ただ二人ともそこまで片付いていないとい自覚がないようで、

どこに物があるか把握しているしいずれ使うから心配ないとの返事でした。

 

 

母親に関していえば、両親はそこまでお金に困っていないので、

死後は業者に頼めばいいから業者代は残すとのことでした。

 

母親の最終的には業者さんをという発言を聞いて本当にびっくりしたのと、

なんといえばいいのかあきらめたくなる気持ちでした。

 

 

世間体もあるので、両親の死後に業者さんをいれて

テレビのように大掛かりな処分は避けたいと思っています。

 

しかし、私も結婚して家を出ているため

二人の住みやすいと考えている汚部屋に

どこまで踏み込んでいいのか本当に悩んでいます。

 

 

めっちゃ贅沢フルーツ青汁はペコちゃんも愛飲しています!

 

この記事に関連する記事一覧

最近の記事
記事のカテゴリー